ジギングで青物。メジロにハマチを明石沖で狙う

シェアする

ブリの顔を未だ見れず、常連のメジロにハマチを釣る

 meikeimaru ひとり気ままにボートで狙う播磨灘の釣りログ

朝一番のメジロ 幸先良いスタートをしたが……

朝一番のメジロ 幸先良いスタートをしたが……

meikeimaru ひとり気ままなボート釣り。ターゲットは、「ジギングで明石沖のブリ」

狙いはブリといいながらの釣行が続くのだが、未だブリに出会えない。潮の良い日の今日、風の予報もありますが、朝一番は釣りになると踏んでの出航。思うより早く風が強まり、メジロとハマチを釣り、雰囲気良く続けたたいが、風には勝てません。

○ 釣り概況
○ 今日のこの潮
○ 順調な釣果ながら早々に風で帰港
○ あとがき

 釣り概況

2020年12月3日(木)中潮 満潮 13:43 干潮 4:58(高砂)

 明石海峡転流 6:00 最速 西流 9:35 6.3kt

 海況:波穏やか 水温 18.0℃

 釣行(釣り開始終了)時間 出航6:00 7:30-9:00

 釣果 メジロ 68cm ハマチ 45cm

 ラインPE 2号、リーダー10号、ジグ 160g
 ロッド リール:2号ラインロッド

メジロにハマチの釣果。なんとなく物足りないが……

メジロにハマチの釣果。なんとなく物足りないが……

前年11/15。昨年この日に、とてもパワフルなブリが水深50mでフッキング、カケアガリでラインブレイクをした、悔しい日です。その旧暦10/19が本日で、潮は確実に魚を呼び、旧暦同日の、この確率は、私は信じています。

10時に風速7m予報が5mまで下がったので、出航。朝一番は凪の弱風で、魚探反応もたくましく、その間アタリもあるので、この潮は狙い目でしたが、8時半を回ると5mどころか南の8m近い風になり、潮と逆で釣りになりません。

まあ、帰路は確実に西風に向かって走ることになるので、まずまずの獲物もいますので9時に退散の沖上がりとしました。

 今日のこの潮

旧暦では、今が昨年の11月半ばの潮。昨年の良き思いの旧暦の釣行は、意外に当たりかもと私は思っています。

明石沖カンタマのいつもの潮筋から開始。水深60mから30mのカケアガリは、潮3ノット前後でボートを流して行きますが、魚探にはベイトの反応が出たり消えたり。2回流し直し3回目。水深50-40mで、ジグにちょっかいをかけ始めました。次は、フッキングできずを、再度ボトムを取り、ジャーク1回目にゴツンと来ました。フォールで喰ってきたようで、元気の良い引きを見せてくれます。が、ブリにはちょいと足らないメジロでしょう。強い引きでドラグをジーッと出し、スプールから水しぶきが散り、朝日に輝きます。フォールでテールフックに喰い、フロントが背中にかかったので、ちょいとパワフルに泳いだ68cmのメジロ。幸先良いスタートです。

この後もジグを見に来る動きが伝わり、こういうジギングは、やる気が高まります。次もボトムで食ってきました。これは、レギュラーサイズのハマチ。ペースも良く、ブリの期待も大きくなる1時間でした。

どちらもシルバー160gのジグです。次は、ピンクに変えてみるかと考えていたところ、急に南風が強く吹き始めました。

2匹目 レギュラーサイズのハマチ

2匹目 レギュラーサイズのハマチ

 順調な釣果ながら早々に風で帰港

予報より早くに風が吹き始め、それも5-6mどころか7-8mの風で、潮の流れと逆に吹き、3ノット半ばで流れるはずが、風の抵抗で2ノット半ばしかボートは動かず、ラインは大きく斜めに出始めました。船位を保とうにもままならず、これは退散の兆しです。

大型艇ならばいざ知らず、帰路1時間走らなくてはならないし、巡航速度も保ちにくくなれば面倒だし、ましてこの風では楽しい釣りができない動きになってきたので、9時に退散、沖上がりにしました。

釣果の2匹は十分な食料だが、もう少し釣りたかった

釣果の2匹は十分な食料だが、もう少し釣りたかった

短時間の釣りでしたが、うまそうな2匹が、おみやげです。

朝からポンポンと釣れたので、風での帰港もスッとできましたが、ひとりの釣りは、こんな時も手軽です。案の定、途中から南風から西風に替わり、ボートは波をたたき、早めの切り上げが良かったようです。

でも、潮が良いのは間違いなさそうでしたので、惜しかったです。

ジグ 上のシルバーが活躍、スロー系の幅広2種を試すことなく終了

ジグ 上のシルバーが活躍、スロー系の幅広2種を試すことなく終了

 あとがき

明石沖カンタマは、朝一番に必ず様子を見ますが、11月はまったくでした。それが、この日は少々違う兆しでしたのは、潮でしょうか。昨年、一昨年、たまたま良い思いした日の旧暦で本年に合わしたのが本日ですが、もう少したまたまの良い日があるので、柳の下の青物を1年越しに狙ってみます。

新鮮な青物はうまいです。臭みが少なく、刺身や寿司にするには絶好の食材で、保存したものとは格段の差のため、短時間でサクッと釣ってくると、手軽に新鮮な魚が食べれます。風で退散しましたが、こんな2時間くらいの青物狙いも手軽だと思います。

是非、12月の明石沖、皆さん狙いましょう。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。