2021/8月のボート釣りの狙いもの 播磨灘で釣りを考察

シェアする

真夏の魚を狙い 後半は秋が見える

 meikeimaru のボートフィッシング 真夏を狙う

ハマチにツバスの兄弟たち 落とし込み釣りで群れが回る

ハマチにツバスの兄弟たち 落とし込み釣りで群れが回る

meikeimaruのボート釣り。タスクは、「真夏 8月の狙い物」

いよいよ真夏の釣り真っ盛りで、下旬には秋の雰囲気が出始めます。気温も水温もどんどん上がっていき、海の上で体力勝負になりそうですが、最高気温の8月から霜が降りる12月までが、1年で一番楽しい釣りができる時ですので、潮を選んで大切に釣っていきます。

○ 8月概況予測 現在の水温等々
○ 昨年2020年は、どんな釣果
○ meikeimaruの釣れぬ魚の皮算用
○ あとがき

 8月概況予測

meikeimaru の狙いもの、例年ならば、マダコがお盆までの主役ですが、今シーズンは半ばあきらめました。名残り惜しんでもう1回ボーズ覚悟で行くかどうかです。6-7月と潮の小さい日にタコが釣れないので、無理してタイや青物を狙いに動きましたが、そういう潮ではボーズです。やっぱり。タコと魚を潮を選んで釣ると良い具合ですが、タコがいなくなってしまったのは苦しいですね。

さて、8月。午前中の上げ潮が大きくなってきました。6-7月とは、潮流の動きが変わっていく8月ですので、良い潮は全力作戦行動です。

 現在の水温

明石二見沖水温、25℃以上になり、昨年並みの水温で上々でしょう。

兵庫県立農林水産技術総合センターのサイト 以下の水温数値は、抜粋引用です。

 水温

夏の日差しに照らされ、最高水温の27℃以上になるでしょう。朝マズメの食い気に期待ができます。

兵庫県立農林水産技術総合センター水産技術センターのサイト

兵庫県立農林水産技術総合センター水産技術センターのサイト

 2020年は、どんな釣果

昨年は、タコが3月から釣れ始めたからか、終わりが早く8月はさっぱりになりましたが、青物が元気よく泳いできました。お盆まではツバスが楽しませてくれ、お盆明けからはメジロ並みの引きをする太ったハマチが、落とし込み釣りで勢いが良かったです。ハマチが太るのはイワシが多いからで、そうなると落とし込み釣りのおもしろさが味わえました。

夏の暑い時のツバスの刺身は、あっさり感でおいしく、毎年楽しみにしています。ツバスが来て、青物が始まります。

 釣りログ2020年のページ

 釣りログ2019年のページ

 meikeimaruの 8月 釣れぬ魚の皮算用

8月のメインターゲットは、ツバスとハマチです。旬の魚がうまいんです。食べれるだけ釣って、おいしく食べる。ツバスの酢じめがとてもおいしく、2-3日は冷蔵庫でOKで、ひものと併せて我が家の食料確保です。

お盆がらみからマダイが釣れ始めるでしょうから、これも楽しみです。青に赤、平や銀も出てくると嬉しいです。

魚探反応 ベイトにつく青物 落とし込みのチャンス

魚探反応 ベイトにつく青物 落とし込みのチャンス

 青物

通常スタイルのジギングは9-10月からにして、8月の青物狙いは、SLJとキャスティングを主体に、落とし込み釣りに醍醐味も味わいたいと贅沢なことを考えていますが、おいしい青物を釣ります。

ツバス君たち 3枚におろすと3匹は簡単に食べれます

ツバス君たち 3枚におろすと3匹は簡単に食べれます

 ジギング SLJ

暑い夏のジギングは、なんたってSLJです。ジグが軽く、暑さに負けずに攻められます。特に、ツバス狙いにはベストマッチな釣り方と思います。SLJ、これで釣ってみるとジギングのおもしろさがわかります。

フローティングミノーとSLJ 新しいジャンルが大きくなりつつあります

フローティングミノーとSLJ 新しいジャンルが大きくなりつつあります

 キャスティング

本格的には今シーズンからです。それも、99mm 14gなどのフローティングミノーを投げて、表層を泳がせ喰わすおもしろさにはまりました。

たった14gのミノーにハマチが姿を見せて喰いつくシーンは、ちょっとスリリングです。どんな釣り方をしていても、傍らにはキャスティングロッドをスタンバイさせておきます。

ツバス 元気よく 私の水族館ですコンテナイケス

ツバス 元気よく 私の水族館ですコンテナイケス

 落とし込み

イワシの群れに仕掛けを落とし、ぷるぷる→グングングン→グイーンと変化する釣りです。60cm前後が群れていると、そりゃーもう おもしろい。やわらかいライトタックルで狙うと楽しさ倍増です。朝の潮で釣ったら涼しいうちに沖上がりとしゃれこむ釣りです。

 シロギス

しっかりと水温が上がったので、ピンギスの数釣りができたら、夏の楽しい1日になりそう。男鹿島周辺の砂地を目指して狙いたい。ベラもお供でくると、夏の小物いじめ出来上がりです。

 マダイ

お盆がらみからシーズンが始まりませんか。青物ばかりだと寂しいので、派手やかなマダイの姿は釣りたいです。分をわきまえていますので、小鯛で結構ですし、尺に尺半が釣れれば幸甚。サビキでばかり狙っていましたが、タイラバもいいですね。

 あとがき

早いもので、残すところ本年5か月を切りました。しかし、この5か月がいわゆるハイシーズンですので、ここからは全力作戦行動です。ただ、ジイには熱中症が怖いので、朝の潮とスイカやキュウリを持って、冷たいお茶をたくさん仕込んで釣ります。まずは青物、そして後半から赤に銀と狙いたいですね。

今釣れている旬の魚の実釣記録です。狙った潮で釣った胸のすく釣り、まぐれで嬉しい釣り、実力の貧果まで、来年の今日のための実釣記録です。99.9%ひとり気ままに午前中だけの釣りですが、おいしい魚の釣りものを参考にどうぞ。
meikeimaru の失敗から生まれた推論と実戦のノウハウ集です。ボート釣りでの仕掛けやタックル、釣り方など、実釣記録に基づく活きた内容として、情報提供をします。播磨灘で培った私のノウハウですが、参考にしてください。
meikeimaru のボートノウハウとメンテナンス ボートの操船や維持のノウハウや、艇体や船外機エンジンのオイル交換、グリスアップ、定期交換部品などのメンテナンス方法や作業手順をわかりやすくまとめています。